RO Iris鯖でこっそり活動してる人の雑記            ここを見てくれる方すべてに感謝です!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
ギルド運営について -ギルド内環境-
2008-06-16 Mon 18:50
気がついたらもう6月も半ばになってます。
その間もいろいろとやりたいことなどがほかにも多くあったのでそちらを優先してました。

今回は前からいつか書きたいと思ってた事です。
長文になるのでまた興味ある方だけご覧ください。

ここに書いてあることは、あくまで様々な運営方針のうちのごく一例であることを断っておきます。
明確な運営目標を立て、ギルドを設立ました。
今ではある程度の人数も増えてきて、これからが頑張り時だ!と気負ってる頃だと思います。

そのような中で、ふと気がつくことがあります。
それは、ギルドマスターというものは絶対的な力を持って、人を好きに扱える存在ではないということです。
むしろ、ギルドメンバーたちが本当にこのギルドを楽しんでくれているのか?ということに関心がよると思います。
つまり、自分としては良かれと思い、色々と計画を立て、行動しては見るものの、果たしたこれらの計画・行動は彼らを満足させられるのか?あるいは満足してもらえたのか?ということが分からなくなるということです。

そう、つまり全てを一人で抱え込もうとすることで進むべき方向性に自信がなくなるという事です。

そういった状況は今後、人がもっと増え、自分の意思決定が及ぼす影響が大きくなるほど深刻になります。
そして、いつの日かその重圧に耐えかねてギルドマスター自身がそれを爆発させてしまう危険性も高まります。
そのような事態を防ぐにはどうしたら良いでしょうか?

私のギルド運営のやり方では、次のようにすることで一応の解決策としました。

結論から言うと、知りたい情報なら知りたいところから聞けばいい。ということです。
つまり、GMからの声を聞き、何が求められているのか具体的に考えるという事です。
その為にはやらなければならない事があります。
それは、普段からギルドメンバーとの交流を積極的にもつことです。
いつでも気さくに意見を言い合える環境の構築です。
その中で、必要だと思ったときはすぐにでも意見交換をするべく話し合いの場を設けることです。
意見を言い合う中では、いつでも聞きたい情報を得られるわけではなく、あまり言われたく無いこと、聞きたくないこともあると思います。
そこではついつい、感情的なってしまうこともあると思います。
しかし、そこで感情的なってしまっては自由な意見を交換する場は奪われてしまいます。
いくらギルドマスターが絶対的な権力者ではないとはいえ、その影響力はほかのメンバーのそれとは格段の差があります。
そいうことを自覚した上での意見交換なのです。
また、意見交換をする際は可能な限りメンバーがそろった時に行なうと良いでしょう。
一人一人の意見が聞ける状況下で意見を交換しなければなりません。
それは、意見交換の過程を踏まえた上で決定するという過程をメンバーにも共有してもらうほうが、その決定事項に対する意義を理解してもらえるなど、とても効果的だと思います。
また、人を集め、話をする際には議題を絞り、可能な限り手短にまとめることです。
無駄に長く話をした結果、なにも得られないのではギルドメンバーから不信を抱かれる事になります。
また、意見を交換した後、何かしらの計画が立てられた際は、早急に実行に移し、必要があれば報告することも大事だと思います。

この様に自分ひとりで溜め込まないシステム作りは、マスターとして必要です。
それは、常にマスターとしてギルドメンバーに無用な心配をかけさせないという努めであると思います。

また長文になってきてるので今回はこの辺で終わりとします。



スポンサーサイト
別窓 | ギルド運営について | コメント:1 | トラックバック:0
<<くりわいこ?!!(*'△')9)`д')、 | Dark Lunacy | ギルド運営について   ?メンバー募集?>>
この記事のコメント
いきなりなんですが
ぶらぶらしてて気になったので
コメさせていただきます♪
同じくギルマスとして、3年ほどしてますが
自分ひとりで抱え込むのはよくありません
みんなと一緒に楽しめればいぃとおもいます♪

NO2?っていては悪いですが
マスタ以外に力をもっていてみんなの話をきちんと聞ける人がいると
安定すると思います♪

大変ですが
ギルド運営がんばりましょー♪

でぁでぁいきなりですみませぬ~w
2008-09-29 Mon 12:09 | URL | aki #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| Dark Lunacy |

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

著作権について

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。